文章作成テクニック

コピーライティング

伝わる文章作成法「ペルソナライティング」とは!?

更新日:

ペルソナライティングは伝わる

全ての文章は人に伝わらなければ意味がありません。人に伝わる文章テクニックのひとつ「ペルソナライティング」は、基本的なライティング方法です。特に、あなたはアフィリエイトサイトを運営してゆくわけですから、この技術をきっちり取り入れましょう。

あなたが心がけるのは、ペルソナライティング「特定の誰か一人を想定」して手紙のつもりで書いてゆくことです。

ペルソナとは?

パーソナルって書けば何となくわかりやすいですかね?上記にも既述したようにペルソナとは「ある特定のひとりの個人」という意味です。

男性女性、年齢、出身地、趣味、信条、正確など、様々な要素を特定します。ペルソナ設定はそれこそ実在の人物が視覚化できるような状態になっていることが条件になります。

ターゲットとの違い

ターゲットとの違いを例に出して、ペルソナをより明確に理解します。

ターゲットは例えば、「野球の好きな40代の男性」、「ダイエットに関心のある20代女性」など、一定の「層」を表わします。

ペルソナ設定は、「ジャイアンツファンの48歳の証券会社に勤務するサラリーマン。妻、子供一人いるお父さんでもある。休日はもっぱら、息子の少年野球チームのコーチに励んでいる」というような具合です。

つまり、ターゲットは「面」で、ペルソナは「点」となります。

西野カナの作詞方法はペルソナ設定

人気アーティスト西野カナの作詞方法は企画書をもとに作ることは有名です。

友人やファンに「こんな時どう思う?」「これとこれだったら、どっちがいい?」など、周囲の人に体験やその時の感情など聞きまくるそうです。

それをもとにある特定のひとりの人物を作り出してゆくのです。

「会いたくて、会いたくて」は、別れた元カレが、自分も知っている女性と仲良くしている姿を思い浮かべて、嫉妬心にさいなまれる女性という設定を作り上げ、その様を見事に表現しています。

年代こそわかりませんが、おそらく10代後半から20代前半の女性をペルソナ設定しているのでしょうが、おっさんの域にとっくに来ている男性の私もすごく共感させられる曲です。あなたも、好きな曲の一つではありませんか?

このようにペルソナ設定することは、ある特定の一人に向けたメッセージであるにもかかわらず、その周辺の人間の感情も巻き込んだり、取り込んで、結果、多くの人に共感や行動を促すのです。

文章・記事の書き方

まずは、記事のテーマを決めます。

テーマを誰に伝えたいか?説明するか?つまり、ペルソナ設定する。

そうしたら、記事の構成を考えます。これは依然、説明したプレップ法を用いるとスムーズです。

こうして、ペルソナ設定した特定の一人に話しかける、手紙を書くように文章を書いてゆけば、結果的にその設定した「ペルソナの周辺」も取り込んだ読者に共感を与え、伝わる文章となります。

 

 

 

アンリミテッドアフィリエイト

アンリミテッドアフィリエイト

☞管理人おすすめアフィリエイト教材の王道

-コピーライティング

Copyright© アフィリエイト初心者のための情報サイト|よしろう.biz , 2017 AllRights Reserved.