スーパー広角コンデジ

ガジェット

賃貸の不動産会社が使うべきネット反響が増える物件写真が撮影できる唯一のコンデジ。

投稿日:

あるデジカメを使えば、ネット反響が増える物件写真が撮影できるコンデジがあるといったら、欲しいですか?

 

不動産会社の集客手段はポータルサイトへの物件掲載です。同じ物件を他業者と競い合って掲載することも珍しくありません。そんなときに、物件の写真が綺麗なものとそうでないものは当然ながら、綺麗な方に問い合わせが行くのが常識です。

例えば、ヤフオクで何かを落札しようとした人ならわかると思いますが、同じ商品でも、写真が綺麗に撮れている方に入札しませんか?しますよね。。。

 

不動産物件の写真といえば、物件の外観写真、室内写真、周辺の環境(施設)の写真です。中でも特に重要なのは、室内写真です。室内写真を綺麗に撮影するためには、広角に撮影できるレンズが必要です。例えば、6帖くらいのワンルームの室内写真ですと、普通のカメラでは、距離が近すぎて、部屋全体を撮影することは不可能です。

通常のコンデジのレンズは、35mm判換算で、28mm〜24mmの画角です。24mmですと、まずまずですが、部屋全体は苦しいです。一眼レフカメラでしたら、広角レンズを使用すれば、18mmくらいは余裕でとれますが、レンズ1本10万円ほどします。なので実用的ではありません。

 

そこで、コンデジ界に唯一(? 管理人調べ)24mmをきる写真が撮影可能なカメラが、

オリンパス Tough  TG-850 なのです!

オリンパス Tough-850の商品スペックはこちら!↓↓↓
OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-850 Tough ホワイト 防水性能10m 可動式液晶モニター TG-850 Tough WHT

なんと画角は21mmで撮影可能なのです。そして、実売価格も2万円台ととてもリーズナブルなプライスです。

ネット掲載の物件の写真が綺麗なら、閲覧者がブックマークして、何度も見に来たりして、気持ちが固まると、お問い合わせしてくるんですね。またもや、前職の不動産会社寝たでしたが、これをご覧の不動産会社の皆さん、唯一のスーパー広角コンデジは必需品ですので、すぐに購入して、物件撮影をして、サイトにアップした方がいいですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

アンリミテッドアフィリエイト

アンリミテッドアフィリエイト

☞管理人おすすめアフィリエイト教材の王道

-ガジェット

Copyright© アフィリエイト初心者のための情報サイト|よしろう.biz , 2017 AllRights Reserved.