PREP法

コピーライティング

PREP(プレップ)法は、伝わる文章を書くためのキラーメソッドである。

更新日:

文章の書き方で悩んでいるあなたに今回の情報をお伝えします。「伝わる文章を書きたいならPREP法(プレップ法)を使うべし!」

PREP法とは

PREP法(プレップ法)とは下記の言葉の頭文字です。

  • POINT=結論
  • REASON=理由
  • EXAMPLE=事例、具体例
  • POINT=結論を繰り返す

PREP法(プレップ法)とはつまり、

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例(証拠)
  4. 再度、結論

で構成される文章作成方法です。

プレップ法を使って記事を書いた方がよい理由

プレップ法は、あなたの記事作成を大幅にスキルアップさせてくれます。この方法は、最初に「結論」を書くことから始まり基本的な骨組みを決めてから書くことになるので、話がまとまらなくなったり、途中で話題が替わってしまうということがないというメリットをもたらします。

特にWEBライティングでは、このプレップ法で書かれた記事は読者に読んでもらいやいという効果があり、読者にあなたが何を言いたいのか明確に伝わりやすくなります。結果、サイトの滞在時間が増え、ページビューが増え、リピート率が増えることにより、googleらの評価も高まり、SEO上も有利になり、さらに読者が増えるという好循環を得られます。

この方法は、元来は企業などのプレゼンで用いられる手法なのです。企業のプレゼンは限られた時間内で、相手に自分の商品やサービスのメリットをしっかり伝えて採用、導入してもらうという結果を残さなければなりません。そんな過酷な場面で使われるキラーメソッドなのです。

事例

PREP法(プレップ法)でざっくり書いてみました。

結論-私は情報発信をメインにしたサイト作成にはワードプレスをお勧めします。
理由-なぜなら、テキストと画像を入れるだけで、情報発信ができるからです。しかも、無料です、カスタマイズも簡単です。
具体例(証拠)-実際、ワードプレスは世界で最も利用されているCMSで、なんとシェア率25%と、とても多くの有名ブロガーも利用しているのです。
結論-だから、情報発信がメインにしている人のサイト作成ははワードプレスがおすすめなのです。

という感じです。

結論

PREP(プレップ)法を使うことで、読者に内容が伝わりやすくなり、刺さる記事を書けるようになります。

小論文などを受験生のころにならったかもしれませんが、小論文は「起承転結」を用いるので、高度な構成力を必要とするのに対し、プレップ法は「結論」を先にぶつけるという手法なので、慣れてしまえばだれでも簡単にマスターできる手法なのです。簡単なのに効果が高い方法なので、使わないと損ですね♪

アンリミテッドアフィリエイト

アンリミテッドアフィリエイト

☞管理人おすすめアフィリエイト教材の王道

-コピーライティング

Copyright© アフィリエイト初心者のための情報サイト|よしろう.biz , 2017 AllRights Reserved.